メルカリで買い物したら出品者が違反行為しててキャンセルに・・・

ゴルフ

こないだメルカリで買い物したら、
初めて、商品が無事に届かなかったよ・・・。

え、どういうこと?

スクショを見ながら時系列に説明していくね。

まず、これが今回購入した商品。
ゴルフクラブのグリップね。

購入商品

5,800円で購入したわけだ。

うん。
で、購入前に値引きできないかのやりとりしたのがこれ。

購入前コメント

多少の誤字があるのと、直接買ってもいいの意味がよくわからないね。

うん。
でもまぁそこまで深く考えずに購入したのさ。

購入したのが何日?

1月18日。

で、発送通知が来たのは?

1月24日。
少しゆっくりめではあるけど、
商品の情報で「発送まで4〜7日」ってなってたから、
まぁこんなもんかなと思ってたんだ。

商品説明1
商品説明2

確かに、4〜7日になってるね。

で、商品が来るのを楽しみにしてたんだけど、中々来ず・・・。
そのうちメルカリの事務局から通知が来るようになったのさ。

どんな通知?

「取引が未完了の取引があります」とか
「受取評価がされていない商品があります」とかだね。
トラブル防止のために自動的に送信されるみたい。

取引にあまり時間がかかると来るんだね。

うん、で2月1日に、
「2月2日の13:00までに受取評価がされない場合、
自動的に取引が終了されます」
っていうのが取引画面に表示されるようになって、
それは困ると思って出品者さんに連絡したんだ。

取引メッセージ1
取引メッセージ2

あ、ここで初めて追跡番号が出てきたんだ。
このタイミングで
「短い間にお世話になりました」の意味もよくわからないけど笑。

うん。
で佐川急便のページでその番号を検索した結果がこれ。

佐川急便追跡番号検索

事後に撮ったスクショだから2月3日も載ってるけど気にしないで。
見てみたら発送日が1月28日になってた。

発送通知が1月24日だから4日ズレてるね。

まぁ、とりあえず発送されてることは確認出来たから、
取引が自動で終了しないように、事務局に取引画面から連絡しておいたんだ。
「発送は確認取れてるので、取引は完了させないでください」って。

うん。

そしたら、翌日の2月2日に事務局からこの通知。

事務局通知1
事務局通知2
事務局通知3

あら、こりゃ驚きだね。

うん。
どんな違反行為かは明記してないけど、
商品は受取拒否してください。
代金は返金されますってことだった。

商品届いて開封した後じゃなくて良かったね。

そうだね。
実際にどんなものが入っていたのかは気になるところだけど。

代金はどうなったの?

結局この後24時間以内に出品者からの連絡は無くて、
事務局によって取引がキャンセルされたんだ。
今回は代金の一部をメルペイ残高、残りをクレジット決済していたんだけど、
メルペイ残高は取引キャンセルと同時に戻ってきたよ。
クレジット決済の方はちょっと時間かかると思う。

そっか。
実際にどんな違反行為があったんだろうね?

どうだろうね。
俺が事実として確認した中で言えば、
商品が発送されていないのに発送通知をしたっていう部分はまずいよね。

そうだね。
なんでそんなことになったのかな?

ここから先はあくまで推測だけど、
手元にない商品を出品していた可能性はあるよね。

確かに、メルカリでは手元にない商品の出品は禁止されているね。

https://www.mercari.com/jp/help_center/getting_started/prohibited_items/

禁止されている出品物 – メルカリ

あとこの商品説明に使われている画像、
他の出品者でも使われている使い回しなんだよね。

検索するとこの画像いくつも出てくるね。
あと、よくみると謎の文字が入っているね。

そう、今回だと「フレイア」って入ってる。
出品者の名前でも俺の名前でもないし、
よくある「○○様専用」でもないしね。

謎だね。
あとやっぱり出品者の日本語少しおかしいよね。

うん。
最初は打ち間違ったのかなとか思ってたけど、
多すぎるし、商品説明に謎の中国語みたいのも混ざってるしね。

こう振り返ると結構怪しい点あるね。

で一番不思議なのがこの価格設定。
ハッキリ言って相場からすると安すぎるんだよね。

そんなに?

うん、正規品でこの価格はありえない。
あまりに安いものには裏があるってことだね。反省。

安さに釣られたね!

で、最後に、これが投函されていた不在票。

不在票

株式会社JCL?

よくわからないけど、
ググったら倉庫貸出しとか配送代行がどうとか出てくる。

怪しさ満点だね。
少なくともメルカリでは使っちゃいけない会社だね。

うん。
他にもゴルフグリップ検索したら、
似た様な出品が山ほどあって、
おそらく元は一緒なんじゃないかと思う。

これは気を付けた方が良いね。

もしこの記事をお読みになられた方は、
十分ご注意ください!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました